スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もう次はヅラで 

10月10日の日曜日に、ワタクシ友人の結婚式に参列しましたでしょ。
で、その、出席にあたってちょっと考えるところがあったのである。
つまり、age35としての結婚式の参列のあり方ってやつを。

要するに新しいドレスを買うべきか買わないべきかってことよ。

と、いうのも「結婚式にゲストとして呼ばれる時期」が今なんとなーく一段落していて、この先1年後ぐらいまでに結婚式に呼ばれる可能性があれば新しいドレスを買っても許されるかもしれないけど、今のとこそんな気配がない・・・という感じなのである。
私という女というのは何かきっかけさえあれば新しい洋服を買わんとしている生物なので、

「せっかくなんだから新しいドレスで若い二人の新しい門出を祝福

したい気持ちでいっぱいだったのだが、昨今の我が家の懐事情と、奇跡的に以前のドレスがギリギリ入ったという事実がそれを許さなかったのである。

それで2007年、へいちゃん(友人ね)の結婚式出席時に買ったドレス(めちゃ活躍)で行くことになった。

で、せめてストッキングぐらいは新品のをはこうと思って買いに行くが、時代なのか、「肌色ストッキング界の衰退」ぶりをまざまざと感じさせるストッキング売り場にちょっとショックを受ける。
数年前までは肌色ストッキングにも気の利いた可愛いものが安価であったはずなのに・・・頑張れうの!!

そしてここからが問題なのだが(枕なが!)、そう、髪型なんである。
ちょうど今、パーマネントを落として黒髪に戻し、ショートの「陸上部の中学生ヘア」にしたばかりなのである。(バスケ部でも可)

ドレス似合わねえええええ

どうでもいいねん、ああ、どうでもいいねん。どうでもいいことなんである。
どうでもいいんだけど、面白すぎる。頭だけがさっぱりしすぎている。

頭になんかつけよう。

そうそう、持っているのである。サテンの、頭の後ろで結ぶパターンのやつのカチューシャを。
こういうやつ↓



で、気づいた。

ドレスが肩のリボンを首の後ろで結ぶタイプのやつだってことを。

いかんいかん、ダブルリボンは変だ。しかもリボンがハチマキみたいで陸上部感増してるし。

なんかないかヘッドアクセ。35才既婚女性がつけててもおかしくない(これ重要)、ハチマキにならない、そこそこ上品で派手でなくかといって地味でもないちょうどいい感のヘッドアクセ。


三つ編みカチュームはどうだろうか?
こういうやつよ↓


三つ編み→ブーム。バカっぽくない。そこそこキチンと。華やかでもある。しかも今は黒髪用も売ってる。

イケル!!


・・・でも、アタシ、絶壁。

(※絶壁※=後頭部にカーブがなく、首から垂直にそそり立った頭部を持つものの総称。男子の場合小・中学校時代にこの件で苛められるケースも。私は中学校のとき、友人から「アンタの頭を見てると、つむじのとこに『この先ガケ、危険!!』って看板を立てたくなる」と言われたことがある)

後頭部に引っかかるところがないので、カチュームのゴムの部分が数分に一度の割合でずりっとずり上がってくるのだ。煩わしいことこの上ない。

三つ編みカチュームが駄目なら、三つ編みカチューシャはどうだろう。
こういうやつよ↓


しかし、このカチューシャというもの、信頼している人はどのくらいいるのであろうか。
私は、どうしても過去のトラウマから抜け出せずにいる。

カチューシャ、めっちゃ痛いのである。

耳の後ろの部分をぎうぎうに締め付けてくるので時間とともに痛みは増し、その痛みは耐え難い。知りたかったら男衆もカチューシャをつけてみればいいわ!

でも、である。
前回のカチューシャブームは25年ぐらい前。
あれから時代は流れ、自動車はガソリン以外のもので走るようになりつつあり、電話は1人1台の時代になった。

いくら何でも、ちょっとはあの痛みを軽減するぐらいの技術力は備わっているのではないか?

そう思い、私は黒髪三つ編みカチューシャをレジへ持って行った。

結果から言うと、備わってなかった。
25年間、何をしていたのかと。
これを拷問に取り入れるべきだと。

披露宴の途中で私はあまりの頭痛にカチューシャをとり、さっさとサブバッグの中へしまい込んだ。


という話を美容師さん(担当さんじゃなくて若い女の子)にしたら、これを薦められた。



いやいやいや、これ海外セレブ以外でつけてるの見たの、「青椒肉絲のCMの戸田恵子さん」しかいないし。
関連記事
スポンサーサイト

[2010/10/20 15:49] どうでもいいこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/960-2ceb505d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。