スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

双極性障害だけど自動車学校15(最終回) 

7月に雑貨展をやらせて頂いたり、同じく7月に写真展をやらせて頂いたり、(←この時点で明らかに明らかにキャパオーバー)しかも7月末になにげに引っ越しが決まっていたので、6月~7月の私は完全にアウアウアーであった。

病院でも、

私「元気です!」
主治医「えっ。僕には今にも倒れそうに見えるんだけど」

というくらい精神と肉体が分離していた。

それでも、引っ越しが近づくにつれて、私のテンションも低くなってきた。
引っ越しって、別にまだ準備とか何もしてない段階でも、

「ああ、引っ越しの準備しなきゃ・・・」

って思うだけで充分一日寝込むことができるくらいのプレッシャー行事なのである。

そんなわけで自動車学校をちょっとさぼってた。

さぼってる間に引っ越しが終わった。

引っ越しって、実質何にもして無くても、

「ああ、引っ越しの片づけしなきゃ・・・」

って思うだけで2~3日寝込めるぐらいの行事なんである。

で、さらに自動車学校をさぼってた。

そしたら担当教官から電話が掛かってきた。

教官「お前、大丈夫か?」

私「あ、おはようございます」

教官「調子悪そうだな。ちょっと話できるか?」

教官の話によると、こういうことだった。
8月の後半から、路上の基本コースが変わることになった。
今、路上の基本コースは3コース(自主コースとあわせると6コース)だが、それがなんと12コースに増えるという。
つまり、そのコースが変わるまでの間の卒業検定に受からないと、卒業検定のコースが12コース(自主コースとあわせると24コース)に増えてしまうという。

教官「俺は、3コースも覚えきらんお前が12コースを覚えきれるとはとうてい思えん(←超あってる)」

教官「だから、どうしてもお前を今週中に卒検合格させんといかん。俺の担当の中にそういうやつがお前も含めて3人いる。」

教官超たいへんだ。

教官「今週なんとか出てこられないか? 無理なら仕方ない、他の方法を考えるけども」

私「あー、じゃ、明日行きます・・・」

というわけで自動車学校再開ウィーン。
私は大人の事情で「見きわめ良」を既にもらっていたので、補習という形で2日間、2時間ずつ乗って、金曜日に卒検を受ける。それに落ちたらその日のうちに補習を1時間乗って、次の日の土曜日にもう一回卒検を受ける、ということになった。

私「・・・土曜日も落ちたら・・・?」

教官「そしたら土曜のうちに補習乗って次は火曜日じゃ!」

で、補習をこなし、金曜日の卒検。


おーちーたー。


しかもあの、検定中止ってやつね。右折のときに対向車が結構近くに来てたんだけど、イケルと思ってチャレンジング右折しかけてしまった。

教官「今までそんなこと1回もしたことないのに何で!!」

私「はあー、緊張してたからかもしれません」

教官「何でお前はそんなに緊張するの! 俺と乗るときは普通やろが!」

私「はあースミマセン」

教官「午後に補習入れるから! 講習代4380円ATMに入れといて!」

うぅっ、サヨナラアタシの4380えん・・・
ATMのところで、受付のお姉さんから、

「ああっ○○さん(名字ね)、よかった。朝より顔色が正常になってる!」

と本気で安心される。いつ倒れるんじゃないかとヒヤヒヤしていたそうだ。
どんだけ緊張してたんだ自分。

午後、教官は時間を作って2時間近く乗ってくれた。本当に感謝である。
それで、次の日の検定代2100円をATMに振り込んで(うぅっ)、家に帰って泥のように寝た。

次の日。

受付のお姉さん「昨日の朝より顔色いいよ。大丈夫!」

との言葉をもらって2度目の卒業検定へ。


うかつた。


発着所に着いてから、検定員のオッサンからひとことあるのだが、私は、

「とにかくびくびくしすぎ。それが運転にもあらわれている」

と言われて、運転ガタガタだったのは自分でも分かっていたので、担当教官が来たとき、

「実力で合格したとは思えないです」

と言った。

教官は、

「うん、そうね」

と言い、実際今日の運転はダメダメだったらしいようなことを言った。と思う。私の左側に座っていらっしゃったので殆ど聞き取れなかったのだ。
多分、昨日の結果(検定中止がなければ合格点だったらしい)と、教官が運転技術自体は習得しており、検定時以外は全く問題のない運転をしているという口添えをしてくれたっぽい。
結局、合格点で合格したのか、底上げあっての合格だったのかはわからなかったが、とにかく自動車学校は卒業することになった。

やたら長いこと在籍していたので顔を覚えられまくりんぐだったので挨拶回り。

「思い出に残る教習生になりました」

と言われたが、お願いだから覚えないでいて欲しい。忘れて欲しい。一刻も早く。

物凄くお世話になった受付のお姉さんがいらっしゃらなかったので残念と思いながら帰ろうとしたら、誰かが知らせてくれたのか、外まで走って追いかけてきてくれたのは、本当に嬉しかった。


さて、卒検に受かったということは。

運転試験場で学科試験なんである。うん、続く。
関連記事
スポンサーサイト

[2010/08/12 12:10] 企画! | TB(0) | CM(5)

こんにちは!
合格おめでとうございますv-20
皆さん優しくて親切な自動車学校ですよね、羨ましい。
いいな、私も運転できるようになりたいですがよ。

お引越しも、お疲れ様でした。
(写真展、開催中に近くまで行く用事があったのですが、道がわからず・・・。お疲れ様でしたm(__)m)
[2010/08/12 12:33] [ 編集 ]

*tomomi*さん、コメントどうもありがとうございました。
ありがとうございます。
自動車学校は自分の持っていたイメージと全然違って、楽しいところでした。

写真展、他にも道が分からなくてたどり着けなかったという方がいらっしゃいました。説明不足で申し訳なかったです・・・
[2010/08/12 13:49] あや [ 編集 ]
卒業(そして免許取得)おめでとうございます!
それにしても

>午後に補習入れるから! 講習代4380円ATMに入れといて!

リアルタイムで諭吉さんが飛んでいく講習って、
怖ろしい…。あと路上っていろいろコース覚えないと
いけないんでしたっけ。結局運転する機会ないまま
むなしく紙ゴールド免許を迎えてしまい、もうたぶん
路上には出られない希ガス…そもそもあの頃なんで
免許取ろうと思ったのかどうしても思い出せません。

脱線してしまいましたがあらためて、おめでとう
ございます。引越しも併せお疲れの出ませんように。

[2010/08/12 22:05] ぱる子 [ 編集 ]
昨年フリーペーパーなどてお世話になったSIMAです。ときどき覘かせてもらってました。
運転免許、無事に合格して良かったです。
今年も写真展、開かれたのですね。
私は、あやさんは、文才だけでなく写真の才能があると思っています。
あまりコメントできませんが、遠くから応援しているね。運転、気をつけてください。
[2010/08/14 23:59] SIMA [ 編集 ]

>ぱる子さん
コメントどうもありがとうございました。
ありがとうございます。とうとうというか、免許、取れてしまいました。
危ないです。
都会は車が必要ないと聞きます。
こちらは田舎で、夕飯の買い物にも車が必要な土地ですので、今さらながらとってみました。

>SIMAさん
ご無沙汰しております! コメントどうもありがとうございました。
SIMAさんのようにプロの方から「文才」などと言われることがあろうとは思ってもみませんでした!
写真は正直下手だと思います。目指すものがないという状態がいいのかもしれません。
カメラが好きで、シャッターを切っているうちに気持ちが晴れやかになってくるんです。
SIMAさんもお体大事になさって下さい。私も応援しています。
[2010/08/16 21:29] あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/924-3dde89e4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。