スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

治験 

少し前のことになるが、新聞に「過敏性腸症候群の新薬の治験のバイトの募集」が出ていた。
治験とは新薬を開発するときに厚生労働省が定めた基準(医薬品の臨床試験の実施の基準:GCP)に従って行われる、人での有効性や安全性について調べる試験のことである。
医療機関で行われ、外界から隔離された様態で、普通の生活を送りながら決まった時間に新薬を摂取し、作用や副作用のデータをとり、新薬の安全性を確認するというものだ。

製薬会社にとっては重要な行程だが、治験者にとっては一日数回薬を飲むだけであとはわりと自由に過ごせるというので、人気の高いバイトなのだ。(ちなみにバイト期間は一週間とか10日間とか)
そしてまあいっちゃ何だが安全性を確認するというバイトなのである程度リスクを伴うので、バイト代がちょっくら高い。というかとても高い。

私は残念ながら過敏性腸症候群ではないので申し込みが出来なかったのだが、丁度知り合いに過敏性腸症候群でしかもたまたまその時期バイトを探してる子がいた。
早速連絡。

私「今日の新聞に過敏性腸症候群の治験のバイトの募集が出てたよ」

Tちゃん「まじで! 見てみる!」

バイトとしては超短期だが、こっちのほう(金ですな)がいいので、なかなかお薦めだと思ったのだが・・・

Tちゃん「・・・あー、これダメだわ・・・」

私「えー、なんか制限あった?」

Tちゃん「最後のほうに『うつ病などの精神疾患を併発している方は治験対象者にはなれません』って書いてある」

Tちゃん「・・・」

私「あー・・・ごめん・・・」

Tちゃん「いや、いいよ・・・」

自分の迂闊さに、反省・・・
でも、過敏性腸症候群の新しい薬がこれで開発されるといいなとは思う。これは本心。
関連記事
スポンサーサイト

[2010/01/27 00:42] どうでもいいこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/828-510b648a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。