スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

設定資料集禁止令 

体調が悪いときは本とか読めない。
かといって基本的にTVも見ない。
雑誌は物理的に重い。
パソコンを起動させると目の前がぐるぐる回る。

ので、内容的にも物理的にも軽ーい読み物を読んでいることが多い。(あんまりにも体調が悪いとそれもできないが)

先日、ぼんやりと「THE FIVE STAR STORIES CHRONICLE 2007」という本を読んでいた。(アマゾンで検索しても出てこなかったのだが・・・)
多分95パーセントぐらいの人が知らないと思うので先に説明しておくと、この「THE FIVE STAR STORIES」こと「ファイブスター物語」というのは、ガンダムみたいなロボットがでてくる結構コアなオタク漫画である。「CHRONICLE 2007」というのは、それの設定集の2007年版ですよということである。
それを読んでいたのである。
すると、私のすることなすことには一切興味を持たない旦那が、急に、

「なに読んでんの?シャキーン

と聞いてきた。

何度も書いているように、私の旦那は「オタク的な要素」に物凄いアレルギーを持っている種族である。
普段私がどれだけ「SWEET」や「InRed」(「InRed」は微妙だが)を読んでいようが全く意に介しない旦那なのに、このときは小姑のような野生の勘で禍々しい何かを私の手から感じ取ったようなのである。あ、別に実在の小姑との関係は良好である。

恐るべし、非オタクセンサーである。

私「クロニクルだけど」

旦那「クロニクルってなに?」

ほらほら、普段なら絶対にあり得ない食いつきぶりである。
1つの事柄に2つ以上の質問が旦那の口から発せられるなんて、有史以来初のことではないだろうか。

仕方がないので、私はそれが「ファイブスター物語」という漫画の設定資料集だということを伝えた。

旦那「設定集って、登場人物とかの・・・?」

私「そういうのもだけど、星団史とかファティマのパワーゲージとかも載ってる。(知らなくていいです)」

私がそう言うと、旦那は何かよく分からない叫び声をあげ、こう言った。

「あやちゃん、そんなの読んじゃだめ!! オタクになるよ!!」

今からオタクになるんじゃなくて、オタクだから読んでるんですけど。

仕方がないので、この漫画は今はもう連載休止で再開のめどは立っていないということ、そもそもこの本は自分が意欲的に買ったものではなくて、誕生日プレゼントにもらったものだから大丈夫だということを伝えた。
しかし結果的に、

「自分で買ったんじゃないならいいけど、そんな本買ったらだめだよ」

という意味の分からない約束をさせられた。

それはいいんだけど、旦那と付き合ってた頃、自分がどんな擬態を被っていたのかもう思い出せないんだよな・・・
何回かモデルチェンジして、何年か前まではエビちゃん型を被ってたと思うんだけど・・・
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

[2009/10/24 22:51] どうでもいいこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/774-c3de9b11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。