スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

紐の行く末 

「そううつだもの写真展」webちらしを取り上げていただきました。
トイカメラと一緒に」の*jun*さん→記事こちら
ただただ、だらだら」ののしさん→記事こちら
生活の記録」のスプーンさん→記事こちら
どうもありがとうございます!

私がパジャマずぼん替わりに着ているナイキの半ジャージの紐が、片一方が異常に長くなり、反対の片一方が穴から姿を見せなくなるという、まあよくある事態に陥った。
ので、旦那にその旨不服申し立てをした。

そうしたら旦那が私を洗面所に連れて行き、そこにある洗濯かごの中をなにやらごそごそとし始めた。
そうして、自分の半ジャージを取り出し、

「大丈夫」

と言った。

「俺のもそうなってる」

よく見ると、旦那の半ジャージも、私のものと同じように片一方の紐が伸び、片一方がなくなるという状態になっていた。

「安心したか」

旦那が言う。

「この状態で洗濯を繰り返すと、この伸びた方の紐に他の洗濯物が絡まり、どんどんどんどん長くなっていく。そしてある日、紐がすっぽり抜け落ちている。そのときの他の洗濯物の絡まり方は尋常でない。しかし、その日を待つのだ」

私は頷いた。

「その状態で放っておくと、ゴムがどんどん伸びて腰パン状態になる」

その状態は私も見たことがある。旦那が、異常に低い位置の腰パンで半ジャージを着ていた時期があるのだ。
そのとき私は、ああ、このジャージゴムが伸びているんだなあと思った。それ以上は何も思わなかった。

「そしたらいつの間にかお義母さん(私の母)が直してくれる。それがこの状態だ」

旦那はおもむろに自分の履いているジャージのふちをべろんとひっくり返した。

そこには眩しいほどに白く、そして逞しいほどに太い真田紐が通されてあった。

「え、いつ?」
「知らん、俺が気づいたときにはもうこの状態になってた」

母よ。

職業婦人でありながら専業主婦である私の目の届かない場で旦那のジャージの修理をするとは・・・

まさか、忍びの者では?
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

[2009/09/08 23:23] どうでもいいこと | TB(0) | CM(2)

junさんのところから、
飛んで参りました。

私も鹿児島県在住のものです。
写真展開かれるなんて
すごいです!
激励をお送りしたいと思います!

私も写真を撮っております。
Flickrの方にアップしていますので
よければ覗いてやってください。

また寄らせてください!
ではでは。
[2009/09/09 21:00] My flickr photostream Juno(Junckr) [ 編集 ]

Juno(Junckr)さん、コメントどうもありがとうございます。
全然凄くないのです。
知っているカフェに行って、
「ここで写真展やってもいいですか?」
と聞いてみたら、
「いいよー、でもなんで?」
という返事が返ってきたという次第なのです。
単に図々しいだけです。
写真見せて頂きました。
知っている場所があったりして、おおーという感じです。廃墟お好きですか?
まだサムネイルしか見ていないので、じっくり見せて頂きます。
どうもありがとうございます。
[2009/09/11 22:17] そううつだもの あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/737-bdb3973e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。