スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

00と10の狭間に 

色の黒い人生を送ってきた。

元々地黒な訳ではないのだが、肌が異様に焼けやすい体質で、太陽光の下にいると赤くなる段階を経ずに勝手に黒くなっている。

「君は僕の理想の『タイガー・リリー』だ(タイガー・リリー=『ピーターパン』に出てくるインディアンの酋長の娘)」

と言われたこともあるし、後にギター&三線バンドを組むことになるKくんの私の第一印象はそのものズバリ、

「黒!!」

だった。(らしい)

もちろん使うファンデーションのカラー番号はいつもオークル30であった。

私の使っているファンデーションは
(←色が白い オークル00・オークル10・オークル20・オークル30 色が黒い→)
という展開。


そんな私が、今回ファンデーションを買いに行った際に、人生で初めて「オークル00」と診断されたのである。

すごいな引きこもり生活!!

といってもオークル00かオークル10か微妙なところであった。
実際に肌にのせてみて、オークル00の方が肌なじみがよかったのでそちらを勧められたのである。

しかし、私の頭の中には懸念があった。

(今オークル00だとしても、これからの季節は夏! 海にも行くし、多分どうせすぐ焼けるんだから濃い色を買ってたほうが・・・)

決めた。

「えっと、多分どうせ焼けると思うんでオークル10のほうを「お客様」

カウンターのおねーちゃんは毅然とした態度できっぱりと私の言葉を止めた。

「いけません!」

ちくしょう、この美白信仰者め・・・
関連記事
スポンサーサイト

[2009/05/18 21:11] どうでもいいこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/665-1fc60af2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。