スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

義弟くんの結婚式に行ってきたよ! 

5月2日は義弟くん(旦那の弟)と彼女ちゃんの結婚式だった。ので、えっちらおっちら長崎まで行ってきた。

一応、数日前に同じテーブルに座るはずの義妹ちゃん(旦那の妹)に電話して探りを入れてみたのだ。

私「義妹ちゃん、結婚式何着てく~?」

義妹ちゃん「え~、最後なんで、お振り袖デス(@婚約中)」

瞬殺。

私「・・・何色~?」

義妹ちゃん「ピンク地に白の花柄デス~(@婚約中)」

だめだ、どう足掻いても、勝てねえ。(間違った結婚式の出席の仕方)

そして旦那一家は全員が洗礼を受けたガチのクリスチャン一家なのに、何故か牧師様が進行を執り行うミステリアスな展開の人前式で、

「初めて会ったときはコーコーセーだった義弟くんがこんなに立派になって・・・」
「初めて会ったときはコーコーセーだった彼女ちゃんがこんなに綺麗になって・・・(ホントに、最高級に綺麗で可愛い花嫁さんだった!)」

と、フツーに親戚のオバちゃんしてしまった。

披露宴も、二人らしいほのぼのとした明るくてハッピーな、とってもよい式だった。
お色直しで彼女ちゃんがドレスにニット帽をかぶって現れたんだけど、すっごく似合ってた。
(若い花嫁さんならではだよね・・・結婚式でニット帽って。)

彼女ちゃん、私、彼女ちゃんのお義姉さんになれて、ほんとにほんとに嬉しいよ。

と思っていたが、シャイなので口には出せず、私は旦那と二人「鹿児島から来た林屋ペー・パー子」と化し写真を撮りまくっていた。(口に出せよ)


しかし、ホテルの披露宴会場のような薄暗い室内では、私のようにカメラの腕のない者には「レンズ付きフィルム」が最強であることを再確認させられるのあった。
二人以上の被写体を常に美しく撮りたいのなら、「レンズ付きフィルム」持っていて損はないと思う。パンフォーカス(すべての場所に焦点が合う状態)だから、絶対ボケない!

そして終始彼女ちゃんの御友人たちの脚とか盛りとかに目を奪われる俺様。
30も半ばになると男とか女とか関係なしに若いものに異常に興奮してくるものなのだ。多分正常。

次の結婚式は義妹ちゃんの予定だが、義妹ちゃんの彼氏は私と一回り違い年下だ! 今度は男子の群れ! 大丈夫か? 俺!!
(いろいろととりとめのないまま終わる)
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

[2009/05/07 00:09] どうでもいいこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/657-8d9d81f3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。