FC2ブログ











前髪事変 

昨日は爆弾低気圧にやられて、さんざんな一日であった。

今日はその後遺症を引きずりながらも散髪に行ってきた。
リアルな話、次の土曜に結婚式に出席するので、どうしても白髪を染めなければならなかったのである。

髪染めてもらって、ナノなんとかという通常より細かい粒子の水蒸気をあてながら行うトリートメントをしてもらいながら(これが半端なく気持ちいい)、アシスタントの女の子に結婚式用の髪型アレンジのコツを教えてもらう。
アップにする場合は、まず土台の団子をどこかに(華やかに見せたいときは上半分の髪を使って、シックに見せたいときは下半分の髪を使って)作っておくこと。
土台に残りの髪を巻き付けていくときに、しっかりとカーラーかコテでカールを作っておくこと。
カールをしっかり作るコツは巻いたあとに髪を充分に冷やすことだそうである。
横髪はあとでいろいろ隠せるように土台に使わずに残しておいたほうがいいとのことであった。

さて、カットに入る前に、担当の美容師さん(店長)に、

「前髪作りたいんすけど」

と言ってみた。

今、流行ってるじゃん。瞳ぎりぎりで重めにぱっつんする前髪。

ここのとこずっとセンターパーツだったのだけど、年のせいか髪にコシがなくなってきて、何となくペタッとした感じになってきてしまっているような気がして、

「このままでは(見た目が)生活に疲れた主婦になってしまう」

という危機感を覚えていたのである。

「じゃあ、切ってみますね」

ジョキ・・・・・・



- - - - - - - - - - 一旦「麗子像」入りまーす- - - - - - - - -


Σ(゜◇゜ノ)ノ はうあ!!

鏡に映る名画「麗子像」。
そしてそこに流れる微妙な空気。

いやいやいや

ナイね。
これは絶対にあり得ないね・・・

「ちょっと、・・・調整しますね・・・」

店長、ハサミ握る。

シャキーン!
シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ(以下略)

こんなに真剣で、喋らなくて、速い動きの店長、初めて見た・・・

あれ、でもちょっと馴染んできたかも。

「なんか、馴染んできたような気がするんですけれども、これって見慣れてきたわけじゃないですよね」

「何言ってんすか! これは100%僕の技術とセンスのなせる技ですよ!」

「はあー、でも店長が本気に切ってるところ初めて見ました」

「僕だってヤバイと思ったら本気になるんです!(若干失礼じゃないすか店長)」

美容師さんって本当に美を作る職業だと実感。
店長、本当にありがとうございました。
でも、明日の朝この通りにスタイリングできる自信、全くなし。

もう二度と、前髪作ろうなんて思わない、絶対。(スタイリング下手だから)

精算のときに、ネイルの予約を入れて(結婚式のために)終了。

多分結婚式のときは前髪編み込むと思うの・・・

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト




[2009/04/26 16:46] どうでもいいこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/651-4f8b8fda