スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「遅刻脳」を解明する 

今日二回待ち合わせして、二回とも遅刻した。

世の中には、毎回必ずもって待ち合わせ時間に遅刻してくる人がいる。私である。

なんであんなに遅刻するのか。
なんであんなに悪びれないのか。そして笑顔なのか。
憤慨している人も多いと思う。

今日は遅刻してくる人の脳「遅刻脳」のメカニズムについて書こうと思う。
私の勝手な仮説なので、話半分に読んで欲しい。

「遅刻脳」の持ち主の一日は、大抵約束の時間に「ギリギリ間に合わない」時間に始まる。
10時の待ち合わせなのに9時半に目を覚ますとか、そんな感じの時間だ。
この場合、おかしなことに夕方6時の待ち合わせでも、「つい昼寝をしてしまって」5時半に目が覚めたりする。

さて、私は今朝10時に起きてしまった。
約束に時間に間に合う電車に乗るためには、10時30分に家を出なければならない。
顔を洗い、歯みがきをし、服を着替え、化粧をし、髪を整え、鞄を選び中身を入れ、靴を選ぶ。
これだけのことを30分でしなければならないという、いわば「遅刻ストレス(笑)」がググッと脳内で増えてくる。
ストレスグラフ1グラフにするとこんな感じ

「できるかできないか分からないけれど、できるだけやってみよう」
「遅刻脳」の持ち主である私は、とりあえず全力で準備にかかる。
顔を洗い、歯みがきをし、脳内でコーディネイトしていた服に着替える。
こうしている間にも、頭の中では
「10時30分まであと15分・・・14分・・・13分・・・」
と、ひっきりなしにカウントダウンしている。
そしてそれと同時にストレスも増加。
ストレスグラフ2限界値まであとわずか。レッドゾーン突入である。

そうこうしている間に化粧が終わり、あとは、髪、鞄、靴。
髪、鞄、靴。
これをあと3分でしなければならない。

このときである。
ストレスで限界ギリギリまで来た脳が、とんでもない選択肢を差し出してくるのである。

「10時30分に間に合わない、という選択」

これは当たり前なんだけど、スゴイストレスなんである。
あと3分で何とかすれば、なんとか間に合うのである。

だけど人間、ギリギリ限界の瀬戸際のストレスを感じるより、
限界値を超えてぽーんと飛んじゃった方が、楽なんである。

「あー、もういいや・・・。遅刻しちゃおう」
それで、なぜか一瞬、眠くなる。
それで、(勝手に自分だけ)楽になる。
ギリギリのストレスを吹き飛ばす「遅刻選択」によって、ストレスグラフはこのように。
ストレスグラフ1

そして、ここで大きく問題なのだが、

「10時30分に家を出なければならない」

というストレスの主原因が、完全に取り除かれるのである。
ストレスグラフ3グラフ的にはこう。

完全なるストレスからの解放。ノーストレス。ストレスフリー。
「誰かを待たせている」という重要な問題は蚊帳の外。

一点の曇りもない気持ちで、出かけることになる。
これが、あの笑顔の理由である。

本当に、ごめんなさい。
関連記事
スポンサーサイト

[2006/03/31 22:41] どうでもいいこと | TB(0) | CM(4)

これ。いいですね!!
分かりやすいし。すっきりしましたー(^^)

私は遅刻をしたらどうしよう。オロォロする方なので、
朝は1分ごとに、時計と睨めっこ戦争を続けていました。
こんな考えあったら楽だな。と、思いました。


グラフをみながら、私も一緒になってストレスがたまり、
最後はストレスフリーになりました。

スバラシイ~☆☆☆
ありがとうございます。哲学を感じました!

そして、あやさんと待ち合わせをするときには、
私も「遅刻脳」になってみたいと思います(笑)
どっちが遅く来れるか!?(爆)
[2006/04/01 22:28] ゆきち [ 編集 ]

ゆきちさん、コメントありがとうございます。
最大で待ち合わせに9時間遅れたこともありますが、そんな私でも、いいですか?(よくない)
[2006/04/02 22:22] あや [ 編集 ]
遅刻関係の単語で検索していてたどり着きました。

私も遅刻脳タイプでして、遅刻は絶対に脳障害の一種(というとちょっと大げさですが)
だと思っているのですが、なかなかそういった仕組みが解明されませんね・・・。

昔はうつ病が根性論で一蹴されましたが、それとまったく同じものを感じます。
小学生の頃にはすでに遅刻する人が決まっていて、それが変わらないという誰もが知ってる事実を、
世の中がもっと冷静に考えてくれたらいいのにな・・・と思います。


あやさんとはほとんど同い年ですが、この年まで10年も20年も直そう直そうとし続けてきて、
最近ようやく改善できてきました。

時間より早く行こうとしてようやく時間通りに行けるようになってきた私なので、
次は時間より早く着けるよう、頑張っていきます。
[2009/10/07 06:32] yu-ki [ 編集 ]

>yu-kiさん
コメントどうもありがとうございました。
もの凄く真面目な方とお見受けしました。
私なんか「遅刻」を治そうなんて、一度も思ったことがないのに・・・ほんと、スミマセン。
ところで、時間より早く着こうと思って行動すると、30分前とか、一時間前とかとんでもない時間に着きませんか?
私はそうなんですけれども・・・
[2009/10/07 22:27] そううつだもの あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/62-c4b0371c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。