スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「GIMP 2」でミニチュア写真を作ってみた 

無料画像加工ソフト「GIMP 2」でミニチュア写真風の加工をしてみた。
「GIMP 2」での加工工程を「世界で一番恐ろしい企業:Adobe」の「Adobe Photoshop Elements 2.0」(2.0!!!)で編集(?)しながら作業したので、うちの繊細なパソコンがいつ固まるかいつ固まるかと冷や冷やものであった。

ちなみにGIMPダウンロードはこちらからできるみたいである。

1
1「GIMP 2」を立ち上げ、「ファイル」からミニチュア加工したい画像ファイルを開く。
ちなみにミニチュア加工する画像は限りなくマストな方向で空の入っていない物を選ぶといいそうである。(教えてもらった)


2
2「色」-「明るさ-コントラスト」をクリックする。


3
3「コントラスト」をうにょにょっと右方向へ。好みの強さになるまでうにょうにょする。
 「明るさ」が気になる人はそれもいじってもいいと思う。多分。


4
4「色」-「色相- 彩度」をクリックする。


5
5「彩度」をググッと右へ。この時点でおもちゃっぽい色味になるところまで右行っちゃって下さい。


6
6左上の四角の図形を押してみる。範囲指定のマークのようだ。


7
7画像の真ん中あたりをドラッグして範囲指定する。ここがいわゆる「残す部分」。(見にくかったのでピンクで色を付けてみた。実際にはつかない)


8
8「選択」-「反転」をクリックする。


9
9すると選択部分はこのように。ここが「ぼやける部分」。


10
10「選択」-「境界をぼかす」をクリックする。クリックするだけなのである。なにも起こらないので不安で一杯だが、次の行程へ。


11
11ぼかす量を聞いてくるので、適当に答える。(お好みで。または画像の大きさによって)


12
12「フィルタ」-「ぼかし」-「選択的ガウシアンぼかし」をクリックする。それが何かは私にも分からない。やってみたらできただけである。


13
13プレビューを見ながら、「ぼかし半径」と「最大△」を決めていく。好みで。(←よく分からない)


14完成。・・・するはずである。気に入らなかったらぼかし具合をいろいろ試してみるといいと思う。
14

自分は初めてGIMPを触ったので、いろいろ間違っているところがあるかもしれないので、もしよろしければ教えて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

[2008/07/27 09:41] どうでもいいこと | TB(0) | CM(4)

こないだ教えてくれたミニチュア写真の作り方だね。
しかもGIMPでやってくれてる!!
どうもありがとう!

私も挑戦してみます♪

[2008/07/27 15:53] トイカメラと一緒に *jun* [ 編集 ]

【夏休みのコメント(笑)】7月28日(月)晴れ
こんにちは。
鉄道が好きな9時から男は中学生ぐらいの時に「鉄道模型」に憧れましたが鉄道模型って結構お金もかかり、工作が苦手な事もあり結局、断念しました(笑)。
この方法だと簡単に鉄道模型風の写真も作れそうですね。
でも、不器用な9時から男の事だから・・・。(まる)
それでは・・・。
[2008/07/28 21:11] 9時から男 [ 編集 ]
編集ソフトは違うけど、同じ要領でできました。
思ったよりも、らしくなるものですね~。
http://www2.gol.com/users/taiyofu/mini_takayama.jpg
[2008/07/29 22:04] ざくろい わ [ 編集 ]

>*jun*さん
コメントどうもありがとうございます。
あのときは口でべらべらって言っただけだったのでまとめてみました。
単純に、面白いよi-237

>9時から男さん
コメントどうもありがとうございました。
電車の画像で作ると本当に鉄道模型風になりますよ!(やったことある)
よろしかったらお試し下さい。

>ざくろい わさん
コメントどうもありがとうございます。
おおー! ドールハウスみたいですね! 素敵です!!
なんか、まとめてみた甲斐がありました。嬉しいものですね(照れ照れ)
[2008/07/30 00:31] あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/582-cf5c3ab3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。