スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

病院に行ってきた 

病院に行ってきた。
定期的に病院に入っていたのだが、記事にしていなかったので今までの治療経過を記しておく。

4月。
鬱状態が続き、強い不安感と焦燥感に苦しみながら過ごす。酷い自己否定感。悪い思考が頭をぐるぐる周り、自己否定感が強い。
通院は一週間に一回。
旦那に連れ添ってもらわなければ外にも出られない状態だった。

そんな中、リスパダールとジプレキサにどうしても慣れることができず、断薬を申し出る。
先生はは、
「飲んでいた方が楽は楽になると思うんだけど」
と言うが、
「飲むくらいなら今の状態を我慢した方がいいです」
と言って断薬してもらう。

一週間ぐらいしたら薬が抜けてきたのか頭が急にクリアになる。
かといって辛さは変わらず。
4月中旬頃から完全に寝たきりの状態になる。

4月最後の診察日、長い時間をかけて先生と話す。
なぜずっと寝たきりでいるのか。
なぜ何もできないのか。
やる気が起きないのか。
それに苦しんでいることについて話した。

先生は
「もしかしたら、もう充分休めて、表層的な疲れは取れてきている状態かもしれないよ」
と言った。

長い話し合いで、詳しいことは忘れてしまったが、今現在私自身を苦しめている要因が何もないこと。
以前は調子が悪いと暴れたり逃げ出したりとパワーの捌け口としての何らかの行為をとっていたが、今はぱったりと止んでいること。つまり心理的なストレスがだいぶおさまってきているのではないかと考えられること。
などから、
「本当は動けるのに、自分自身で何らかのストップをかけているのかもしれない」
ということを言った。

「長い時間をかけて治療を進めてきて、『今までのいい子で優等生で親孝行な私』というのはどうやら違うらしいぞ、それを演じ続けるのは苦しいぞ、ということに気付いてしまったんでしょう。
だから今は部品だけのばらばらの状態。どんな自分にでもなれるけど、どんな一歩を踏み出していいか迷ってるんじゃないかな」

先生は、
「自分自身がやりたいなと心から思えることだけを少しづつやりなさい」
といった。そして、
「どんな自分になりたいのか、見えているものがあるの?」
と聞いてきた。
私は、
「一日の家事を自分のペースでこなせて、ここ(病院)にJRに乗って一人で通うことができる生活。それ以上は望みません」
と答えた。

そうしたら、不思議なことに、次の日から嘘のように楽になって動けるようになったのである。

それで今日の診察。
一人でJRに乗って行った。

家事は洗濯、掃除、食後の後かたづけはできている。食事は一回だけ作った、ということ。
外に出る機会が増え、一度外に出てみるとどんどん予定が入ってくるのでしっかり疲れをとるコントロールがまだできていないということ。
家に帰ってくると疲れて眠くてたまらないのだが、夕方寝てしまうと夜眠れないので頑張って起きている。しかしいざ夜眠ろうとすると疲れているのに眠れないことが続いていること。

を伝えた。

睡眠については、今までは眠る前に睡眠導入剤を飲んでいたのだが、とりあえず眠気が来ているときは昼間であろうと眠ることを優先して、導入剤は夜どうしても眠れないときに飲むように飲み方を変えることにした。
あと、
「パキシルまだいる?」
と聞かれたので、
「要らないです」
と答え、徐々にトレドミンにシフトしていくことになった(パキシルは急に服用中止ができないため、別の薬を増やしつつ、パキシルを減らしていく)


今回の処方

トレドミン 125mg/day
パキシル 20mg/day

デパケンR 200mg/day

レキソタン 8mg/day

サイレース 1mg/day (頓服として)
アモバン 10mg/day(頓服として)
関連記事
スポンサーサイト

[2008/05/16 23:42] 病院 | TB(0) | CM(4)

こんにちは。
きっと、あやさんにとって「この記録」が役にたつ時がくると思いますよ。
これだけはいつも思っていてもいいと思いますよ。
「あやさんは独りではない!」と・・・少なくとも、旦那さん、家族、友達・・・・たくさんの人があやさんの事を支えていますよ。
甘えられる時は、甘えてもいいと思います。
そしていつかは、あやさんが誰かを支えてあげれば・・・あせる事はないですよ。
それでは・・・。
[2008/05/17 01:02] 9時から男 [ 編集 ]

>一人でJRに乗って行った。

やったね!おめでとう!いいよいいよーいいかんじだよーi-237
[2008/05/17 01:52] のし [ 編集 ]

こんにちは。
ジプレキサを抜きましたか、、、。あれは、キツイですもんね~、、、。
そして、パキシルからトレドミンへ、シフトですか、、、。
パキシルはSSRI、トレドミンはSNRIと言って、SNRIの方が新しく、副作用も少ないはず、、、。
服薬をきちんとして、睡眠・休養をしっかりとりつつ、「日常生活行動=ADL」を少しづつされていけば、良い方向に向かっていくと思いますよ。
それにしても、良い先生に巡りあいましたね。
とりあえず、良かったです。

P.S.お薬の事で何か分からない事があったら、ここで調べると良いですよ。
http://www.jah.ne.jp/~kako/

>9時から男さん
コメントどうもありがとうございました。
私は、いつも誰かに頼ってばっかりなんですが、ひとつだけ驚いたことがあって、それは
「私が病気だと知っても、誰も私の前から去らなかった」
ということなんです。
いつか9時から男さんが仰るように誰かを支えていけるときが来たら、その人にもそういうふうに感じてもらえるといいな、と思っています。

>のしさん
コメントどうもありがとうございます。
浮き沈みあると思うから手放しでは喜べないと思うけど、今は平気だよー。
4月は本当にありがとう。

>かずさん
コメントどうもありがとうございました。
ジプレキサは錠剤にするには無理がありすぎる巨大さに怖じ気づいてしまい、
「効き目以前に飲むのが怖い」
とわがままを言ったところ、
「飲むのに恐怖を感じるような薬を無理して飲むことはない」
と、切ってくれました。
お医者さんに限らず本当に私は周りの人に恵まれていると感じています。
お薬110番の情報ありがとうございます。
実は愛用しておりますi-236
[2008/05/17 23:34] あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/504-ea29224d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。