スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

熊本県人吉市人吉城跡&人吉クラフトパーク石野公園に行ってきた 

4月29日の祝日「昭和の日」を利用して、熊本県人吉市麓町にある平山城跡(人吉城)に行ってきた。

人吉・・・渋いチョイスである。
渋すぎると言っても過言ではないと思う。
年々、行くところが渋さを増している気がする。大丈夫か?
ディズニーリゾートも25周年なのだが・・・

とりあえず旦那の薦めるまま人吉城跡へ。
庭
新緑はいいやぁね、と植物を撮りまくる私。
人吉城についてはノー下調べで来たので、旦那のあとについてうろうろする。
当たり前だ、昨日まで寝付いてたんだぞ。


城壁
この城壁を登ると、むこうに、こう、ばーんと球磨川が流れてるのね。(登った)
球磨川、撮るの忘れたけど。


鯉のぼり
人吉城を出たあと、旦那お薦めの「人吉クラフトパーク石野公園」へ。
駐車場を降りるとわっさーと豪華絢爛の鯉のぼりがお出迎え。
何だ、人吉市、潤ってるのか?

(のぼりにはよそんちの子どもの名前ががっちり入っているので、小さな画像でお楽しみ下さい)

人吉クラフトパーク石野公園
「人吉クラフトパーク石野公園」の全体像は大体こんな感じ。
よく手入れがされていて、あったかい感じの公園だった。


ここではいろんな伝統工芸やクラフトの体験ができるらしい。
民工芸館、鍛冶館、木工館、導遊館、陶芸館とあって、日によって体験できるメニューは異なるようだけど、このときは、木工館の「木のお箸作り(マイ箸ブームだから?)」と陶芸館が人気だったみたい。
陶芸館は、展示している作品もめちゃめちゃ素敵だった。
何だろう、陶器の質感がなめらかで、上質の絵本の中にいるみたいな展示の仕方だった。

鍛冶職人
画像は鍛冶館のおっちゃん。(許可いただいて撮りました)
鍛冶職人さんが4人で交代で来てるんだって。


「展示館」では「きじ車」が押せ押せらしく、一生分のきじ車を見たくらいの気持ちになった。

↑参考資料:「きじ車」

人吉、初めて来たけどとっても素敵なところだった。
特に昔ながらの温泉街? と商店街。
懐かしくって、あったかくって、車降りてじっくり町並みをとりたかったなあ。
関連記事
スポンサーサイト

[2008/05/04 03:27] コンパクトデジカメ | TB(0) | CM(5)

元気になられたのですね。良かったですね。
人吉は私も行ったことがあります。落ち着いたいい雰囲気の町ですよね。
一昨年のWGはうちは子どもがいるので,もう少し足をのばし球磨の球泉洞まで行き洞窟探検をしました。あと炭酸飲料が苦手でなければ,えびのインターで降りでコカ・コーラーの工場見学も面白いですよ。予約しないといけませんが。見学後はコーラのみ放題です。
http://www.minami-kyushu.ccbc.co.jp/ebino/index.html
[2008/05/04 08:33] maruta [ 編集 ]

お久しぶりです。お元気そうでなりよりです。
家に居るのもいいですけど、知らない世界を探索するのもいいものですね。
せっかく写真の世界に出会えたのですから好奇心旺盛にv-218(笑)。
私も「クラフトパーク」は社員旅行で行きましたよ。
それでは・・・。
[2008/05/04 21:00] 9時から男 [ 編集 ]

>marutaさん
ご無沙汰しておりました。
コメントどうもありがとうございました。
おっかなびっくり、試運転といった感じです。
人吉、とっても素敵なところでした。また行くと思います。
球泉洞や球磨川下りも薦められたのですが、あまり疲れるとよくないと思い、あまり冒険しませんでしたi-278
でも、体力が戻ってきたらぜひ行ってみたいと思います。
あのコカコーラの工場は私も目をつけておりました!
コッカコーラ飲み放題・・・!!
コーラ中毒の旦那にリークしておきます。
情報ありがとうございましたi-179

>9時から男さん
ご無沙汰しておりました。
コメントどうもありがとうございました。
カメラ、浮気性なもので、今回も4台持っていきました。
上達もしないのに馬鹿だ馬鹿だと周りからは言われますが・・・i-280
「クラフトパーク」は旦那も以前、社員旅行で行ったそうなのです。
あら、偶然・・・ですi-179


[2008/05/04 23:32] あや [ 編集 ]
わぁ~おさかなさんだ~!
って、この光景はかっちょいい!
動いているところも見てみたいですね、迫力ありそう!
[2008/05/07 22:46] ざくろい わ [ 編集 ]

ざくろい わさん、コメントどうもありがとうございました。
きらきらとした胴体にたっぷりと風をはらんだ鯉のぼりの大群は、まさしく「威風堂々」といった感じで大迫力でしたよ。
きっと子どもたちもすくすくと育ってゆくのでしょう。
[2008/05/08 23:14] あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/494-52517b40


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。