スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

黒い三連休 

お久しぶりなのである。
お久しぶりなのであるといっても、更新ペースはいつもどおりなので、何がお久しぶりなのか全く分からんとの向きもあると思うが、私にしてみれば黄泉平坂から帰ってきたような心持ちなので、勝手に感傷に浸らせて頂くのだ。
ちなみにこのブログ、敬体ではなく(主に)常体で書かせて頂いているので、表現に困るときがあるのである。それはおいおい。

ついこの間、三連休というのがあった。
元々期待してはいなかった。
根っからネガティヴなので、「なんとなく楽しそうな予感がするもの」を「楽しみにする」ことをやめてしまっているのである。

だからといって、あんなにひどい三連休になるとは思わないじゃない?
そんな三連休の記録である。

一日目:台風到来

これはもう、仕方がない。
自然災害は仕方がない。
何も言うべきではない。
家でおとなしくしていた。
夜、腹痛がしたので、旦那が近所の薬屋に痛み止めを買いに行ってくれた。
痛みとともに寝た。
そのくらいである。

二日目:腹痛到来
(※なお、途中から意識が完全になくなっていたので、数人からの話を元に構成しています)

二日目は台風一過で晴れていた。
かねてから旦那が、
「髪を切りたい、そして染めたい」
と呪文のように唱えていたので、私もついでに髪を切りに行くことにした。
共白髪とはよく言ったもので、私も旦那もちょっと引かれるぐらいの若白髪なのである。

美容院では早速ダンベル小屋に通され、カラーが始まった。
(※私の通っている美容院の一階フロア。コンクリート打ちっぱなしのオサレな空間が、ゲーム「おいでよどうぶつの森」で一時私の村に住んでいた「ゴリラのダンベル」というキャラの部屋に酷似していたため私の心の中で命名。ちなみに冬場は寒い。)
そしてカラーが終わり、カットへ。
もっさりしてきたところを梳いてもらうだけなので、あっという間に終わる・・・はずだった。

担当の美容師さんと談笑していると、突然腹部が痛み始めた。
しかも痛み始めた、というような可愛らしい痛み方ではなく、いきなりMAXできた。
「あだだだだだ」
半笑いで痛みを訴える私。
「急にお腹が痛くなってきました」
まだこのときは美容師さんも余裕があった。
「えーと、どうしましょうか」
「取りあえず、旦那呼んでもらっていいですか?」
もうカットもカラーも終わって、ソファで雑誌を読んでいた旦那が、なになに?というような感じでやってくる。
「腹が痛いから、車の中から薬とってきてくれる?」
「あーはいはい」
車に薬を取りに行く旦那。
顔なじみのアシスタントの女の子が、
「ぁ、お水いりますよね」
とさっと取りにいってくれた。

しかしこのとき、本当に私の腹痛は限界値を超えていた。
こんなときに、薬を飲むとどうなるか。
水は、この世で最も吐きやすい飲み物である。多分。
私の体が涸れ井戸だとしたら、薬を飲むための一口の水は、立派に呼び水の役割を果たした。
「・・・吐きます」
一階、大わらわ。
トイレに担ぎ込まれる私。

自らもう一口の水を志願し、2回目のゲロリーナを済ませた私は、あまりの腹の痛さに、トイレの床に寝転がった状態から完全に動けなくなった。
「ここだとお店の迷惑になるから、車に移動しよう、起きあがれる?」
旦那はしきりに言うが、私は腕も動かせない状態だ。首も動かすこともできず、うんともううんともいえない。
ガマだったらよかったのに、というくらいの脂汗をかきながら、必死に痛みに耐えていた。
その時、頭にあったのは、たった一つ。
「・・・救急車・・・」
「・・・え」
明らかに旦那は戸惑いの色を見せた。
店の前に自分ちの車があるのに救急車を呼ぶのは・・・という思いだったのだろう。
他のスタッフも騒然としていた。
店長始め、店から救急車を出すという経験をしたスタッフがいなかったらしい。

どうする?
どうする?
どうする?!
トイレに放置されながら、時間だけが経っていく(私の中で)

そのとき、一本の携帯電話を取り出した男がいた。
さっきまで、私の隣の席にいた男性だ。

「・・・はい、意識レベル300、・・・(なんか色々言ってる)・・・はい、お願いします」

その男性は、前髪にストパーの液をつけたままで、店長と旦那に向かって言った。
「救急車、呼んじゃいました。」

「自分は、○○大学病院の研修医です」

 明日に続く(疲れたから)
関連記事
スポンサーサイト

[2007/07/20 02:04] その他の病気 | TB(1) | CM(2)

続きが楽しみ。です♪

でも、、だいじょうぶ。ケ?
なんだか大変なことになっちゃったんだね。

私は最近はもうお世話になることないけど
救急車。しばらくお世話になってた時期も
ありました。(笑
なれちゃうのよね。変?かな。


ゆっくり休んでくださいね~。あやさん♪
[2007/07/20 17:58] ASAKO [ 編集 ]

ASAKOさん、コメントどうもありがとうございました。
ご心配をおかけしました。
今はもう元気ぴんぴんです。

ASAKOさんも体調には十分ご注意下さいね。
[2007/07/21 04:11] そううつだもの あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/363-30260065


どうぶつの森

どうぶつの森『どうぶつの森』(どうぶつのもり、英題:Animal Crossing)は任天堂のコンピュータゲームである。主人公はどうぶつの森に住み、村の中を散策したり、自分の家を家具で住みやすくしたり、他の住人と交流したりと村でのほのぼのとした生活を
[2007/07/24 08:35] URL みずきのblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。