FC2ブログ











「おいでよ どうぶつの森」してる 

えと、ゲームの話していい?

今、このゲームをしている。

おいでよ どうぶつの森
任天堂 (2005/11/23)
売り上げランキング: 948


主人公であるプレイヤーが、どうぶつたちの住む見知らぬ村にタクシーで引っ越してきて、そこで生活をする、というゲームである。
その村に住むどうぶつたちと仲良くなったり、新しく引っ越してくるどうぶつと交流を深めたり、
花や木を育てたり、
虫取りをしたり、
釣りで大物を狙ってみたり、
化石を発掘したり、
雪だるまを作って遊んだり、
通信機能を使って友達(他プレイヤー)を自分の村に呼んでみたり。

戦いもなければダンジョン攻略もない、まあ、まったりとしたスローライフをおくりましょう、そんなゲームなのである。

しかし、である。
私のように強迫性の強い人にはちょと辛い面もあるゲームである。
毎日、枯れかかった花に水をかけなければならない
毎日、ベル(どうぶつの村のお金)や家具を落とす木を探して全ての針葉樹と広葉樹を揺すらなければならない
毎日、村に一つだけ出現するベルを出す岩を探して、スコップで岩を叩いて回らなければならない
他の村に引っ越しをしようとするどうぶつを見つけたら、必死で説得をしなければならない
お店では買えない色の花を咲かせるために、花の植え替えをしなければならない
毎時一の位が4の時間に飛んでくるかもしれない風船を打ち落として、プレゼントをゲットしなければならない

ねばならない、ねばならない、ねばならない・・・

自分の強迫度を知りたい方はやってみるといいと思う。私は、かなり重症だと思っているのだが、毎週とたけけのライブに行き忘れるので、そうでもないのかもしれない。

そんな「おいでよ どうぶつの森」なのだが、私はしばらく調子が悪くて出来ない時期があった。
久しぶりに電源を入れる。
村はどうなっているだろうか・・・

ものすごく荒れているのではないかとちょっと怖かったのだが、そんなでもなかった。
多少草ぼうぼうランドにはなっていたが、花も思ったのの十分の一も枯れていなかった。(どんな想像してたんだ)
ただ、キュートなネズミのイザベラちゃんが、他の村に引っ越してしまっていた。
このゲームを始めたとき、一番最初に喋ってくれたイザベラちゃん。
「あ、お礼しなきゃね、スフィンクスでいいかな」
いいわきゃねえだろ!
と言いたくなるものをさらりとポケットにしのばせているイザベラちゃん。
お別れが言えなかったのが、残念である。

そんなイザベラちゃんの住んでいた場所に、新しい仲間が引っ越してきた。

何?

そのどうぶつは彼・・・か、彼女・・・か分からない容貌をしている。
よく見ると、クチバシらしきものがついているので、多分鳥系のどうぶつなんだと思う。自信ない。
「アタイ」という一人称なので、女性なのだろう、と思う。

名前は、マグロちゃん。

てか、マグロて!

自分の村は誰と誰があやしいとか、誰と誰は村の公認カップルだとか、そういう話が大好きな、まさに人間社会の縮図のような村なのだ。
マグロちゃんがこの先この村の誰かと付き合うとして、

村の誰か「なー、お前の彼女、マグロだよな」
彼氏「マグロじゃねーよ! あ、マグロか・・・」

などという会話や

村の誰か「あいつ、マグロと付き合ってるらしいぜ」
村の誰か「マジで!? マグロかよ」
彼氏「マグロじゃねーよ! あ、マグロか・・・」

という会話が発生しないとも限らない。(絶対に発生しない)

女の子なんだから、親御さんも考えてあげればよかったのに・・・
と考えている私が汚れすぎている。
とりあえず、吉本ばなな「アムリタ」の登場人物「させ子」以来の衝撃であった。

そんなどうでもいいことばかり考えさせられる「おいでよ どうぶつの森」。
とたけけのライブは今日なので、今日は忘れずに見に行かなければならない(強迫)と思っている。
関連記事
スポンサーサイト




[2007/02/10 12:54] どうでもいいこと | TB(0) | CM(2)

姪と妹がどうぶつの森やってます。

マグロちゃんですか~、いたいネーミングかも…。

せめて、トロにでもしてあげればよかったのに…と思うのはあたくしだけでしょうか?
[2007/02/12 21:33] 神崎百合華 [ 編集 ]

>百合華さん
コメントありがとうございました。
そっかー。トロちゃんだったらよかったのに。
マグロちゃんとの親密度が上がるにつれ、彼女に対する思い入れが強くなり、そして微妙な気持ちも強くなってしまう・・・そんな悪循環に嵌ってしまっています。

>鍵コメさん
了解しました。
どうぞ、何事も、ご自分の体調を優先されますようにされて下さい。
[2007/02/14 10:40] あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/291-8d1b8078