スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

全国的にバカ 

英語が苦手なのである。
もちろん、頴娃語も苦手である。(鹿児島限定ネタ)

どのくらい苦手かというと、高校生のときに、模試で、

「英語、偏差値9」

という究極の金字塔を打ち立てたことがある。
ぶっちゃけ自分の成績のひどさに驚く前に、偏差値に一桁台の数字があるということに驚いた。
偏差値って、50を中心とした、もっとこうまろやか~な、なめらか~な感じのものって思うじゃない?

しかも、その模試は校内模試ではなく、
全国模試だったのである。

全国的にバカ。

って、こんな気持ち。

もちろん私が英語バカ(本来の意味で)であることは学級中に知れ渡っていて、高校3年の受験前に、「『without』は『with』と『out』に分けて覚えると簡単よ」「ほんとだー!」と、同級生に教わったりしていた。バカである。

そんなわけで、英語はでんでん分からないのである。
ところがそんな私だが、人生において、あんまりそれで困ったことがない。
英語圏の方と喋る機会はあるが、彼らは大抵日本語ペラペラである。そしてたいそう日本びいきである。
たまに日本語全然話せませんという方もいらっしゃるが、そういうときはこちらサイドに英語ペラペラの人が1人はいるものである。
つか私以外の人はみんなある程度英語喋れるじゃん?(←全国的にバカ)

私が唯一困るのは、あれである。

カレンダー。

あれね、曜日を英語で理解できてないのね。小学三年生レベルらしいんだけどね。今の学校教育だと。
で、カレンダーとか、スケジュール表とかいうのは、日曜日が週頭に来るバージョンと、月曜日が週頭に来るバージョンの二種類があるじゃない?

統一してほしいわけなのね。

一日ずれると、こっちとしては結構大変なわけね。日程の調整をしてるときとかに、友達のスケジュール帳とマンスリーがずれてると、頭の中で全修正よ。大変よ。

でも、まあ、あんまり気にしないで生きてきた。
「曜日の英語が苦手でさあ」
とか言っても、周りも、
「あー、『うえんずでい』のスペルとかねー」
「火曜日と木曜日がややこしいよねー」
とか、私にはよく分からない答えを返してきてくれていたわけである。
それで、私も安心していたわけである。

ところが先日、とある人と話をしているうちに、カレンダーの話題になった。
私は、
「私、英語で月曜日がなにとか分かんない」
と、さらっと言ってしまった。

空白があった。

その人は何事もなかったかのように
「そうなんだ」
と言ってくれたけど、その空白は私に「これはヤバイ」ということを教えてくれるのに充分に足る時間であった。

私は家に帰って、旦那に
「日曜日から土曜日まで英語で何て言うか教えて」
と言った。
旦那は、
「えー今更ー?」(旦那は私の英語力をよく知っている)
と言いながらも、
「Wで始まる音は口を尖らせて!」
とか
「Fは下唇を噛んで!」
とか言いながら教えてくれた。

だから、今は、書けないけど言える!

嬉しかったので、1月から放置してきた卓上カレンダーを、私のデスクの上に飾ることにした。
もう、SUNが週頭でも、MONが週頭でも怖くない!


・・・カレンダー、フラ語(フランス語)だった。


・・・オッシャレー・・・
関連記事
スポンサーサイト

[2007/01/31 14:14] どうでもいいこと | TB(0) | CM(4)

私も英語が苦手なのですが
曜日もそうですけど数字なんかも困っちゃいますよね。
サーティーンとサーティーとか。
あれ?どっちが13で どっちが30だったっけ?みたいな感じで

ゴルゴ「サーティーン」だから13がサーティーンか!
とかって、狙撃シーン同様ラブシーンも無表情でこなす事で有名なスナイパーを
いちいち思い浮かべないと判別できません。

ゴルゴ方式が通用しないトゥエルブとトゥエンティーなんてもう!i-240
[2007/02/01 02:50] のし [ 編集 ]

のしさん、コメントありがとうございます。
そうなの、数字もなの。
しかも、私はゴルゴが13でも30でも一向に構わない女なので、
「あれ・・・ゴルゴ・・・どっち?だっけ?」
となってしまうのであります。ダメダメです。
「トゥエルブ」は某ウェブ漫画を読んでいるので大丈夫ですi-237
[2007/02/01 19:30] そううつだもの あや [ 編集 ]
英語超苦手です。
高校時代は赤本絶対必要でした。
和訳の順番回ってきましたから…。
それでも短大の時、ある事情から英語の講義選択なんて無謀なことをしました。
はっきり言ってまるで理解できていませんでしたが、単位下さった教授は神様に見えました~!

ちなみに、興味本位で選択したドイツ語講義は「こりゃダメだ!」と、とっとと履修放棄いたしました。
だから、Aアー、Bベー、Cツェーも今じゃ最後まで言えるかどうかあやしいです(苦笑)
[2007/02/01 22:56] 神崎百合華 [ 編集 ]

女王様もー!(嬉)
あ、百合華さん、コメントどうもありがとうございました。
私は、高校時代は和訳などの前の座席から順番にあたっていく系のものは、私の順番になると、

私など始めからいなかったかのように華麗にスルー

されていました(笑)いやいや、笑い事ではありませんよ。
ちなみに第二外国語は私もドイツ語でした。
履修科目の中で一番英語に近いのに。
そういう負けず嫌いなところ、非常に親近感を覚えますi-229
[2007/02/06 09:19] あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/286-6c4c9095


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。