スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コモンセンスとナンセンスの狭間に 

旦那がのび太だ。

適当にその辺に横になってもらって、
「1,2,3!」
と心の中で呟いて振り返ると、大抵もう寝ている。

そんな彼にも「寝付けない夜」があるらしい。
しかし、そんな夜でも、「活字」や、「ラブストーリーや雰囲気系のいわゆるアクションのない映像」などを準備すれば無問題である。
「横になって文章を3行以上読むことができない(本人談)」

そんな旦那と一緒に、某氏にお借りした「明和電機」のDVD、

「Naki 26NONSENSE=MACHINES」

を観てみることにした。

「Naki 26NONSENSE=MACHINES」はアート・ユニット「明和電機」の代表作である

「魚器(なき)シリーズ」
(人間を魚に比喩し単純化することで理解することを目的にした、魚骨をモチーフにした作品群。:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用))


「ハンマーヘッド(NAKI-AX) 」から「明和電機魚器図鑑(NAKI-ZX)」 まで26種類の全作品を一つ一つ懇切丁寧に解説、実演してくれるDVDだ。

アートにもナンセンスにも用がない旦那。意味がないものには興味を示さない旦那。ゲームはムービーをとばして進める旦那。

一体、どこでのび太発動なるか。
(なお、旦那は目を開けたまま眠る習性があるので、いびきの音が聞こえた時点でのび太発動とさせて頂きます)

一応、「A ハンマーヘッド(NAKI-AX) 」が終わった時点で、
「この調子で、Zまでずっと続きます」
と声かけをしてみた。

宇宙人を見るような目で見られた。

そのまま見続けて、
「H 肺魚(NAKI-HX)」の時点でいびき確認。のび太発動。
お疲れ様でございました。

唯一、「ウオノメ(NAKI-EX)(魚眼レンズを両眼に取り付けたメガネ。魚の視界をシミュレートできる)」のときだけくすっと笑ってた。
関連記事
スポンサーサイト

[2006/09/19 03:12] どうでもいいこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/195-cfbbcbd8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。