fc2ブログ











ピンホールカメラと闘う4(負け) 

ピンホールカメラのフィルムを使い切ったみたいだったので(手感覚)現像に出してみた。

これは・・・

酷いよ!

相当酷いよ!

そんな話(写真)である。

今回現像に出したカメラ屋には、若い今どきっぽいいけめん(いい意味で)の兄ちゃんがカウンターにいた。
ピンホールカメラで撮ったものなので、写ってないかもしれませんがとりあえず全部現像して下さい」
とおなじみのセリフを言うと、取り立てて興味もなさそうに、
「何を撮ったんですか?」
と聞いてきた。
しかしそのフィルムにはかなり前からちょこちょこ撮り貯めていたものが入っていたので、何を撮ったのかあんまりよく覚えていなかったのである。
「よく覚えてません」
と言うと、彼はふーんといった感じでフィルムを受け取った。

ところが現像した写真を取りに行くと、彼は開口一番、さっきの口調とはかなり違った感じで、
「あなた、何を撮ったんですか?」
と言った。目をキラキラさせて聞いてきた。

そのくらい、判別不可能なものが写っていた。

「あ、写ってはいましたよ。確認しますか。」
ハイと言うと、彼は嬉しそうに写真を取りだした。
半分くらいは例の如く念写みたいな感じの写真だった。
残りの半分も理解しがたいものが写っている。

「これは何ですか」
彼が聞いてくる。
「これは多分、桜島です」
初歩の英会話の和訳のような会話だと思いながら答える。
「・・・雄大ですね」
雄大すぎて、画面に桜島が収まっていない。

「これは何ですか」
「これは石です」
「・・・なぜ石を・・・?」

「これは何ですか」
「これは・・・分かりません」
「あなたが撮ったんじゃないんですか?」
「私が撮ったんだけど、分かりません」
ほんとに分からなかった。
そして彼はなぜこんなに嬉しそうに聞いてくるのだろうと思った。
きっと彼はサディストなのだと思う。
私はいたたまれない気持ちになった。

「自分もピンホールカメラでこないだ自分撮りをしたんですけど、ちゃんと撮れてましたよ」
彼は言った。
「本当ですか」
合いの手のつもりで言ったのだが、彼はフフンと鼻で笑って、
「これ(私の写真)よりはちゃんと撮れてましたよ」
と言った。凹む。
彼によると、室内撮りで5秒くらいシャッターを開放したということだった。
そのカメラの実物も見せてくれた。
P-SHARAN STD-35クロ35(クロサンゴ)35mmピンホールカメラ組立キット
↑これ(楽天アフィリに飛びます)
「室内で5秒ですね」
そういうと、彼は笑顔で
「5秒、うーんと、長めの5秒くらいです」
と言った。何秒だ。
「6秒かなってくらいの5秒です」
その言い方が好もしかったので、私は彼がSでもいいやという気になった。

ところで(本題)、私は前回のカメラ屋さんが言ったとおりに、同じ被写体をシャッターの開放時間を変えて撮ってみたのである。
2秒、5秒、10秒と変えて撮ってみた。
電柱
これが秒数を変えて撮ってみた写真。
何で電信柱と溶岩(@桜島)が写っているのか聞かないで欲しい。
私も何でこんな写真を撮ったのか分からないのだから。

2秒が一番鮮やかで、輪郭もはっきりしている。
1秒でもよかったのかも、と思うほどである。
5秒、10秒と時間が経つにつれて色も薄くなり、ブレが顕著になってくる。



ファインダーがただの枠なので、被写体がちゃんと収まっているかどうかも勘である。
埋没鳥居→奇跡的にフレームインしてくれた埋没鳥居。


車
→桜島に向かうフェリーの中で車のダッシュボードの上にカメラを乗せて撮ったもの。

「一番いいかも」と思った写真がまさか試し撮りとは思わなんだ。

撮れた写真を旦那に見せると、
「悪いことは言わないから、デジタルカメラ界に帰ってこい」
と言われた。
関連記事
スポンサーサイト




[2006/08/25 23:28] ピンホールカメラ | TB(0) | CM(3)

ど、どんまいでございますよ!(汗)

でも最後の写真は凄くいい雰囲気でございますね!
私この写真、味があって好きです。

同じものをデジカメで撮ったらば何の変哲も無い
無味乾燥な写真になると思うのですよね。
でもピンホールカメラを通すことで独特の味わいが出るものなのですねぇ…
いや、ステキなお写真でございます。
[2006/08/26 01:35] のし [ 編集 ]
いまぼくは、茂木健一郎の「脳」の本を読んでるんですが、その中でのキーワードが「偶有性」なんですね。
「偶有性とは、半ば規則的で、半ば偶然の出来事。適切な文脈で提出された不確実性は、それ自体が脳にとっての報酬になりうる(=ドーパミンが出る)」
んだそうですよ。
機械とは違い、人間は「偶有性」を大変好むらしいのです。
そんなわけで(笑)、これらの「なんじゃこりゃ」写真を気に入ってしまった人は、人間味あふれる、あたたかい人、というわけですよ。←褒めてるつもりか?
[2006/08/26 08:16] スプーン [ 編集 ]

>のしさん
コメントありがとうございます。
なんだかよく分かんないところが気に入っています(笑)
スキャナで取り込むと、ちょっと雰囲気が変わりました。
それも不思議ですね。

>スプーンさん
コメントありがとうございます。
む・・・難しいi-237
好奇心旺盛な人は人間らしさに溢れた人だ、と解釈できますか?
でも、これらの写真は私の脳をばしばし刺激している訳ですね。反応しろ!脳!
[2006/08/27 23:40] あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/181-54a6164f