スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

見ないで 

笹に飾られた色紙の紙飾りが、商店街を飾りはじめた。
もうすぐ8月7日。
七夕である。

そう、ここ鹿児島では七夕祭りは8月7日に行われることが多い。
もちろん小学校や幼稚園などでは8月は夏休みということもあり、7月7日に行うようなのであるが(やらないという選択肢もあるらしい)、この辺は昔ながらの土地なので、個人商店などの七夕飾りは8月7日にあわせて飾られることが多いようである。

そんな中、7月7日の七夕と、8月7日の七夕を両方祝う、いわばダブルスタンダードを取り入れている場所がある。

近所の駅である。

要するに7月7日用に作った七夕飾りを、8月7日まで展示し続けるわけである。

ひと月の間に笹は枯れ、色紙の色は褪せ、ちぎれ、少し哀れな状態になっている。
何より耐え難い屈辱だと思うのが、

7月7日に書いた「願い事」が8月7日まで一ヶ月間晒しage!

私には耐えられない仕打ちだと思うので、いつも短冊が目に入らないように足早に七夕飾りの横を通り過ぎてしまう。
関連記事
スポンサーサイト

[2006/08/05 05:18] どうでもいいこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/169-e957f1b0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。