スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ピンホールカメラ失敗 

私になんの断りもなく梅雨明けしやがった(嬉)。

起きたら朝だった。昼でもなく、夕方でもなく。
なんかしようと思った。

こないだ買ったピンホールカメラを使ってみようと思った。
ピンホールカメラこないだ買ったピンホールカメラはこれ→
買ったときの記事はこちら


どこで撮ろうかなぁ。
撮ってみたい場所を考えてみた。
最初に思いついたのは中央駅。
ピンホールカメラは時間を写すカメラ。人の流れを撮ってみたいと思った。

でも多分変な人だと思われる。
諦める。

多少変な人でも許される場所、慈眼寺公園に行ってみた。
暑いので、人は少なく、家族連れと、リフティングの練習をしている兄ちゃんと、おじいちゃん。あとふるさと考古歴史館の玄関前で、子連れのお父さんが火おこし体験をしていた。暑いのに大変だ。

何枚か撮っているうちに、嫌な予感がしてきた。
フィルムがちゃんと巻けてないような気がする。
枚数が増えるにつれて巻きが重くなってくるはずなのに、ずっと軽いままだ。

空回りしてる?
ちぎれた?

開けてみる?
でももしこれが正常な状態だったらどうする?

物凄い疑心暗鬼になりながらの2時間。
心の天秤は、かなり「多分最初にフィルムがちゃんとひっかかってなかったんだ」という思いに傾いていた。

とりあえず説明書のとおりに巻き上げの動作を行い、山から降りた。

近所のカメラ屋にフィルムを出しに行く。
「ピンホールカメラで撮ったんですけれども、巻いてるときに変な感じがしたので何も写ってないかもしれないですが、何か写ってたら失敗でもいいですので現像して下さい」
とお願いして、同じ通りにあるBOOK OFFで時間を潰した。
どうでもいいけど、「♪本を売るならBOOK OFF♪」の曲の合間に喋ってる男性の声がやべっちに似てるといつも思う。
とりあえず「× ―ペケ―」7巻を読んでみた。今Wikipediaで「× ―ペケ―」の項を読んでみたら俊夫の苗字が出川だったことに軽い感慨。
読み終わる頃にちょうど30分経過。
(あー撮れてなくても凹むなよー自分)
と呪文のように言い聞かせながら再びカメラ屋へ。


撮れてませんデシタ(凹)


フィルムが曲がってる場所があったみたいで、多分そこがひっかかったんじゃないかということだった。
お店の人に、
「あの・・・大丈夫ですか?」
と言われた。

大丈夫デスヨ(凹)

デジカメ世代に、「何も写ってない」は凹むよ。
そいで、悔しい。

「意地でも何か撮ってやる」

という思いが湧き上がってくる。
湧き上がってくるけど、けど、ちょっと待て。
私は「フィルムカメラにお金をつぎ込まない」という誓いを立てている。
フィルムカメラは貧乏の敵だ。
何にも写ってなくても、フィルム代(金)も、現像代(金)もかかる、

これはギャンブルだ。

キャンプの差し入れに行って、週末ごとにマリンちゃんに貢いでいる旦那の先輩(家庭持ち)に説教してる場合じゃないつの。

明日リベンジだーという思いと、しばらくやめときなよ、という思いが今も交錯している。
これが、何? トイカメラの醍醐味? ってやつ?

無限地獄にようこそ。
関連記事
スポンサーサイト

[2006/07/28 00:15] ピンホールカメラ | TB(0) | CM(3)

ピンホールカメラでの撮影大成功!
という記事を心からお待ちしております。
個人的にとっても楽しみです。
[2006/07/28 00:28] kuri [ 編集 ]
正しいフィルムのセット法を旦那さんか、ピンホールカメラ勧めてくれた人に教えてもらってからリベンジしてみては?
フィルムセットが正しくできるようにさえなれば、問題ないと思いますよ。
ちなみに、私はカメラはチェキしか持っていません。
フィルム代高いけど、現像料かからないし、カメラ屋で現像できない写真もOKなんで重宝しています(^_^;)
[2006/07/28 11:21] 神崎 百合華 [ 編集 ]

>kuriさん
コメントどうもありがとうございました。
今日も格闘して参りました。
なかなか思うようにはいきませんが、めっちゃ楽しい!です。
またどうぞいらして下さい。

>百合華さん
コメント&アドバイスどうもありがとうございます。
手っ取り早くお店の人に聞いちゃいましたi-237
百合華さんはチェキ派なんですね。
>カメラ屋で現像できない写真もOKなんで
女・・・女王さま!?
[2006/07/29 01:44] あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/163-614bc68e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。