FC2ブログ











広島風お好み焼きが食べたい 

Mさんとお好み焼きの話題になった。
Mさんも私も、時期はずれるが広島に住んでいたことがある。当然、「広島風お好み焼き」の話になる。
「鹿児島に帰ってきてから広島焼き食べたことある?」
「ない」
「私もない」
鹿児島は、慢性的にお好み焼き屋不足である。私はそう思っている。
あってもそれは大阪風お好み焼きのお店であって、しかも
「あそこのお好みはおいしい」
というように一つのお店が評判になるようなことはまずない。
県民のお好み焼きに対する関心が低いのである。
タウン誌の「おいしいお店情報」のような特集記事に取り上げられる定番は「ラーメン」か「白熊」。
この二大巨頭を打ち崩す勢いは今のところお好み焼きにはないのである。多分この先もな。
「普通のさー、大阪焼きのお店にたまに『広島焼き』ってメニューあるお店あるじゃん、あれ食べる勇気ある?」
「ない」
「多分だけどさー、モダン焼き食べさせられるよね(先入観)」
「多分ねー」

「『広島風お好み焼き』って店頭に書いてあるお店に入る勇気ある?」
「ない」
「勇気いるよねー」
広島風お好み焼きはラーメンと同じぐらいウママズの境界線のはっきりしている料理なのだ。
初見のラーメン屋(うさんくさい)に入る勇気があるかどうかに似ている。

じゃあ家で作ればいいじゃない! と言う人もいるかもしれないが、広島風お好み焼きの制作過程は伝統芸能である。
家で作る技術は私は持ち合わせていない。しかも家のホットプレートでは、生地を焼くところ、そば(またはうどん)を炒めるところ、たまごを焼く場所の3箇所が確保できないではないかと思う。小さいから。

「そういえば」
Mさんが思い出したように言った。
「広島の病院で肝臓の検査を受けたときに、『肝臓によい食事』の紙をもらったんだけど、お好み焼きは『肝臓によい食事』に入ってた」
「そうなんだ」
勝手な思いこみで言わせてもらえば、お好み焼きが肝臓に良さそうには思えない。悪いことはないだろうが、すごく良いようには思えない。帰ってから調べてみたらやっぱり肝臓によい食べ物はレバー類やはまぐり、シジミ、あさりなどの貝類、納豆などの大豆食品、あとホウレン草、たまご←これか?
そもそも、そのリストにお好み焼きが入っているということ自体が不自然である。
「多分患者さんが聞くんだろうね『先生、お好みはどうかいのう? 駄目かいのう?』」
「スゴイ何回も聞かれるから、リストに入れたんだろうね」
「それでもしも『肝臓に悪い食べ物』のほうに入れたら、暴動が起こるんだろうね」
「あー、肝臓が悪い人たちのねー」
「『お好みはのぅ、粉と野菜で出来とるんじゃ! 体に悪いはずなかろうが!』ってなるんだろうね」
「とりあえずいいほうにいれとけって感じなのかもね」

妄想を膨らませすぎたせいで、すっかり広島焼きが食べたくなってしまった。
美味しくなくてもいい。
ふつうでいいの 鹿児島だもの  みつを
関連記事
スポンサーサイト




[2006/06/26 17:46] どうでもいいこと | TB(0) | CM(5)

そんなに切実に広島風お好み焼きを求めてらっしゃるのですか…

ようがす!当店にお越しいただければ
ただで私が精魂込めてあやさんの為に
広島風お好み焼きを十枚でも二十枚でも
焼かせていただきますですよ!

…ええ、当店にお越しいただくよりも
本場広島に乗り込まれたほうが
まったくもって安上がりでございますが(遠い目)

関東だもの みとぅを
[2006/06/27 01:35] のし [ 編集 ]

お好み焼き屋さん、コメントありがとうございました。
のしさんの申し出は大変ありがたいのですが、やはり交通費のことを考えると・・・ということと、あと関東行くんだったらほかのことがしとうございます。
[2006/06/27 23:05] あや [ 編集 ]

暴動が起こるときのテーマは「仁義なき戦い」のテーマでお願いします!

こう、「肝臓に悪い食事」のところにお好み焼きの姿を見たとたんあの曲が流れ、「なめとんのかァ!!」みたいな勢いで椅子を蹴って立ち上がる、みたいな。
[2006/06/28 18:39] まり [ 編集 ]

我が家の愛犬「たろー」は菅原文太です。

広島弁でほざきます。
[2006/06/28 21:53] duo [ 編集 ]

>まりさん
コメントありがとうございます。
♪ちゃららー ちゃららー♪
ですね。
広島市民はお好み焼きは完全食品だと思ってそうです(偏見)あと大阪市民も。(偏見)

>duoさん
コメントありがとうございました。
「菅原文太」似?
なのでしょうか。かっこええですね。
「朝日ソーラーじゃけえ!
 朝日ソーラーじゃけえ!」(想像)
[2006/06/29 13:37] あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/140-c35f5488