スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旦那の声に灯がともる! 

今月の初めぐらいに美容院に行って、髪色を黒く戻して、念願のおかっぱ頭にしてもらってきた。
そのときの話である。

そのとき、なんか魔が差して、ついでに前髪も作ってもらったのだが、いつものように前髪を作った瞬間、普段はテケトーにハサミを入れる(ような空気を出せる余裕のある)美容師さんが、

ちょう本気になった。

ので、前髪は(美容師さんの血と涙と汗とセンスと技術によって)なんとなくおさまったのだが、

なんとなく黒髪おかっぱという選択肢が間違っていたような気がしてならない気がしてきた。
(※美容師さんは全然悪くないです。個人の感想です)

で、私も面倒くさい女なので、家に帰ってから、

「なんか髪型失敗した気がスルー」

「なんか髪型あってない気がスルー」

とグジグジ言っていたのである。

で、そこはもう家庭内に波風を立たせないことに関しては達人ママ(※注1)の域に入っている旦那が、

「そんなことないんじゃない」

「そこそこ似合ってるんじゃない?」

「そこそこ可愛いんじゃない?」

と死んだ魚のような目をして合いの手を入れてくるのである。

しかしながら私も面倒くさい女オブザイヤー殿堂入りを果たそうかという強者である。

私「本当に似合ってると思う?」

旦「うん、似合ってると思う(死)」

私「本当に可愛いと思ってる?」

旦「うん、可愛いと思う(死)」

私「じゃあ、綾瀬はるかで喩えたらどのくらい…」
「悪いけど綾瀬はるかで喩えることはできない!!!(生)」

旦那、デカイ声出せたんだ…

知らんかったわ…

(※注1)達人ママ…インパルスのコントのネタ
関連記事
スポンサーサイト

[2013/10/22 18:15] どうでもいいこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/1274-0e12cf6a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。