スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

それから 

とうが立つ、と言うじゃないですか。

盛りを過ぎる、という意で使われる言葉であるが、婚期を逃しちゃいそうな微妙な年齢の女性にも使われるじゃないですか。
今は使わないかもしれないけど、かつては使われていた。私が小さい頃はドラマやなんやらで親戚のオバチャンたちが集まったシーンで、

「○○さんとこの△△ちゃんもそろそろ嫁に行かないととうがっ立ってきてるからね~、あ、△△ちゃんいたの? やっぱり都会の人は垢抜けてるわねーおばちゃん分からんかったわー」

みたいなもう田舎の暗部の塊みたいな会話をしていたものである。
私はそれを見て、

「とうが立つ」とはなんつー恐ろしげな言葉じゃらい

と子ども心に思っていたのである。
そのころ何故か自分が結婚できないことに絶大なる自信を持っていたこともあり、「とうが立つ」という言葉は「いばら姫」の13番目の魔女の呪いの言葉のように深く深く私の心に刻まれていたのである。

が、大人になるにつれて、別の方に興味が移っていった。

とうが立ちますよね。じゃあ、とうが立ったら、その後どうなるの?

女性の話ではない。語源である植物のほうである。
なにやら否定的なニュアンスで使われる「とうが立つ」であるが、当の(韻を踏んでいるわけではない)植物のほうはとうが立ったら一体どうなっちゃうのだろうか。

と思っていたら、ちょうど都合のよいことに、実家の近くの病院の花壇の葉ぼたんのとうが立っているのを発見した。

こ・・・これを観察し続けたら、長年の謎が解ける・・・

と思いながら実家の近くに行くたびに(実家にはめったに行かないが実家の近くにはよく行く)病院の花壇をそっと観察する私。

葉ぼたんのとうは、行くたびに伸びていった。

えっ、伸びるの? そっちのほう?

戸惑いを隠せないが、伸びるものは伸びるのである。

そして、伸びていった先についに・・・

私「・・・どうなったと思いますか?」

豆屋のおっちゃん「花が咲いたんでしょ」

早! 早いよおっちゃん!!

豆屋のおっちゃん「いや、常識だと思うけど」

常識なのか!! いや、そんなことはどうでもいいのである。

とうが立ったら、その後には花が咲くのである。

なんたるハッピーエンド。感激しすぎて思わず記念撮影までしてしまったぐらいである。

そうなのである。わたくしたち女は花を咲かせる運命(さだめ)に生まれたのである。
華やかに激しく生きろと生まれたのである。
生まれたからには、気高く咲いて、美しく散るのである。まだ散っちゃダメ!!
関連記事
スポンサーサイト

[2013/02/12 13:15] どうでもいいこと | TB(0) | CM(2)

すごくいい話!
(ジョージィ!検索で辿りつきました)
[2013/04/12 18:23] naoko [ 編集 ]

naokoさん、コメントどうもありがとうございました。
ジョージィ!で検索いらっしゃる方多いんですよi-241
しかしながら記事がアレで申し訳ない!ものすごく申し訳ない!できれば書き直したいぐらい!!と思いながら、どんな話だったかすっかり忘れてしまいましたi-237

なんか、ちょっと嬉しい発見だったので書いてみました。共感してくださる方がいらっしゃって嬉しいです。
[2013/04/24 11:10] そううつだもの あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/1254-10e2fe62


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。