スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リネンのブラウス 

リネンのブラウスリネンのブラウスを作った。

ハンドクラフトをするようになって、初めての大作である。嬉しかったので(雨降ってるけど)ベランダで撮影してみた。


リネンのブラウス2室内での写真はこちら→


3月の末あたりから型紙をとったり、端の始末をしたりして、ちまちまと準備を進めていった。
ハンドクラフトを主に扱っているブログなどを見ると、
「一晩で3作品を作りました」
などとあるが、本当に神の領域で、凄い腕前の方々なんだと尊敬する。

こちとら、中学のときにパジャマを作ったのが被服との唯一にして最後の関わりであって、
しかもそのパジャマも今となってはどんな小ずるい手を使って完成させたのか、多分母と家庭科の先生が9割ぐらいを作ってくれたのではないかと思うほど作った過程の記憶がないのである。

そういうわけで今回が初めての家庭科。

だから常に本とにらめっこしながらの作業。

白とナチュラルのソーイング
前田 まゆみ
文化出版局 (2005/04)
売り上げランキング: 20,655


↑本はこれ。作っているのは、「スモッキングブラウス」。
まあ、スモッキングは無視してるんだけど

「バイアス布って何! 絶対斜めじゃなきゃいけないの?」
とひとしきり悩み、
「まあ・・・本に斜めにとるように絵が描いてあるから斜めにとるけどさ・・・」
みたいな、なぜか渋々承諾みたいな感じでとったりした。

もちろん難しいところは積極的に排除、理解できないところは勝手に脳内変換で作っていったのだが、

ギャザーがとれねえ

という問題は、どこまでも私を苦しめた。

ギャザー・・・
このブラウス、4箇所もギャザーをとる場所があるのである。
ミシンで荒くステッチをかけ、両脇をビーって引っ張ってギャザーを寄せて、押さえミシンをかける、という方法をとるのだが、これができない。
なんかよれちゃいましたって感じになるか、ギャザーを通り越してタックになるか、そんな感じである。
あれだ。ギャザーは上級者の技だ。
「初心者はみんなそんな感じですよ」
と誰か優しく言ってほしい。

そんなわけで疲れたらやめ、疲れたらやめ、というペースで作っていっていたので、一ヶ月半近くこのブラウスにかかっていたのだが、
昨日とうとう
「あと袖を付けるだけで完成」
というところまで来た。
長い時間かかって作っただけに感慨深いものがある。
完成したら、多分きっととても嬉しいんだろうな。
何かを達成するって、ここしばらくなかったもんな。
と思いながら、本を観たら、最後の障害がここに。

この本、結構親切で、超初心者の私でもそれなりに分かりやすく説明してくれているんである。
例えば、
「6 バイアス布を図のように折って準備し、前身頃の裏から、バイアス布の端Aを前立ての端に置いて、バイアス布の折り目から7mmのところが襟ぐり線と重なるように縫います。」

これに丁寧な図が付いているから、バイアス布をどんなふうに折ってどんなふうに前立ての上に置けばいいのか、私のも分かっていたのである。安心して作っていられたのである。

ところが、袖に関しては。

「17 袖をつけます。」


こんだけ。

今までの親切さはどこ? 絵はどこ? それともなに?「袖ぐらい誰でもつけられるでしょ」みたいな?発想?
とにかくノー説明だったのである。

テキトーにつけた。

そしたらいつもの調子で、片腕の袖を上下逆につけてしまった。
もういいや・・・今日はもうここまでにしとこう。疲れたしな・・・もう旦那も帰ってくるしな・・・
と思って、気分転換に母に電話を掛けてみた。彼女はもう一ヶ月近く風邪をひいているので、ちょっと心配だったのである。
途中、ブラウスの話になった。
「あと袖つけるだけー」
と言うと、彼女は突然真剣な声色になって言ってきた。
「袖どっち!」
??
「あと片方だけどー」
今日はもうやめようと思ってる・・・と続けようとしたそのとき、
「あやちゃん、袖だけはね、袖だけは片袖だけで日を超えたら駄目! お母さんそれだけは言っとく」
このブログでも紹介したことがあるように、うちの母は超迷信マニアである。
私はウヘアーとなった。
「意味は知らないの(知らないの?)。でも片袖で日を超えたら駄目なの。」
「うん、あと片袖だけだから大丈夫・・・今日中にできるよ・・・」
母は迷信マニアである。
そして悲しいことにその血を引く私も迷信を無視することができない性質なのである。

私はウヘアーとなりながら、片袖を付け替え、そしてブラウスは完成した。
本当は前立てにボタンホールを開けてボタンを付けなければならないのだが、非常に悪い予感がするのでやめにすることにした。

でも、出来上がってみると、本当に嬉しい。
もったいなくて、着られないよ。
関連記事
スポンサーサイト

[2006/05/16 13:55] 布小物 | TB(0) | CM(3)

いやんっ!力作でございますね!素敵でございますわ!
完成おめでとうございます!

何かを試行錯誤しながら作り上げると言うのは
大変なものではございますがそれだけに
完成したときの喜びはひとしおでございますよね。

もったいなくて着れないなんて言ってないでバンバン着ちゃいなさいよぅ!
服はね、誰かが袖を通した時が完成なのですよ!

あ、良いこと言ってる?私今良いこと言ってる?(笑)

良く出来ました!花丸あげちゃいますですよ!(なぜか上からの発言)


…あ、そうそう、忘れるところでした。
「あやさん、初心者はみんなそんな感じですよ」(優しく)

…ええ、ギャザーだのタックだの言われても
何の事かさっぱり分からない私が
分からないまま言って見ました(遠い目)
あ、でもちゃんと心は込めといたから!(笑)
[2006/05/16 15:13] のし [ 編集 ]
完成おめでとうございます!
お裁縫など高校卒業以来したことのない私ですが、中高生時代は市販の型紙買って服作るのが楽しかった乙女ちゃんでした(笑)
今ではめんどくさくて取れたボタン一つつける気にもならないのですが(苦笑)
[2006/05/16 15:49] 神崎 百合華 [ 編集 ]

>のしさん
コメントありがとうございます。
>もったいなくて着れないなんて言ってないでバンバン着ちゃいなさいよぅ!
>服はね、誰かが袖を通した時が完成なのですよ!
本当にそのとおりだと思いますが、しばらくはハンガーに掛けてニヤニヤしてそうです。
花丸もらっちゃいました。ありがとうございます。

>百合華さん
コメントありがとうございました。
中高生で型紙を買って服を作るなんてスゴイですね!
裁縫を始めて初めて分かる人のすごさ・・・
ボタンを付けるのめんどいのは私も一緒です(笑)
[2006/05/17 16:23] あや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/106-9e729c18


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。