スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「LIMIT OF LOVE 海猿」(観てません) 

私の周りの人の間で、「LIMIT OF LOVE 海猿」が熱い。

旦那は「海猿(無印)」のときからのファンで、今回の映画の公開を心待ちにしていた。
私も鹿児島でロケをしていたことは知っていたので、
「鹿児島でロケがあったんだよね」
と話題にしたら、ロケ地が鹿児島であっただけでなく、舞台も鹿児島なのだということを教えられた。

彼は先週の土曜日に観に行きたかったらしい。
「海猿観に行こうよ」
と誘われた。
しかし私は映画を観に行くこと自体が面倒くさかった。なにせ前回映画館に足を運んだのが

千と千尋の神隠し(2001年)」

なのだ。ちなみにその前に観たのは、「もののけ姫(1997年)(立ち見)」である。
日本人の映画館離れに一役かっていると言ってもいいくらいである。
ので、やんわりと、
「一人で観に行ったら?」
と答えた。
そうしたら、「一人で観に行くのはいやだから、DVDが出るまで待つ」と気の長い返事が返ってきた。
彼もまた日本人の映画館離れに一役かっているのである。
ちなみに発言中に「DVD」とあるが、うちにはご存じのように再生専用のビデオデッキしかないので、彼なりの見栄だと思われる。

そして今日、姉からメールが来た。
姉も映画版「海猿(無印)」を何度も繰り返し観て泣き、最近テレビドラマ版「海猿」が再放送になったとき、
「ビデオが壊れたから今日の海猿録画してて!」
と、再生専用ビデオデッキしかない我が家に無理難題言ってきたほどの海猿ファンである。
「今度の休みに『海猿』観に行こうよ!」
姉のメールはたいがいテンションが高く、絵文字が飛び交ってる系である。
それで思わず、瞬間的に断ると言うことができずに、
「ちょっと考えさせて」
という意味不明のメールを返してしまった。

そうしたら、姉から次のようなメールが来た。
「あれ~、もしかして○○くん(旦那)と観に行くことになってた?? だったらごめんね~」

観に行かないっていう選択肢はなしか??

その後(あんまり海猿に興味ないってことを)電話して説明したら分かってもらえたが、
海猿砲、今後もどこから撃たれてくるのか分からないので要注意である。
関連記事
スポンサーサイト

[2006/05/15 22:42] どうでもいいこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souutudamono.blog47.fc2.com/tb.php/105-d3398853


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。