FC2ブログ











あやのカウンセリング日記2 

私のカウンセリングの先生は自分のカウンセリングルーム経営だけではスタッフにお給料が払えなかったので(当時)、休みの日に病院のカウンセリングにバイトに行っていた。(働き過ぎやろ・・・)

先生「びっくりした! 病院のカウンセリングびっくりした!!」

私「はー、なんかありましたか?」


先生「クライアントさんが、びっくりするほど喋らない!!」

先生の言うにはこういうことらしい。
普段自分のカウンセリングルームに来るクライアントさんは、今すぐ相談に乗って欲しい人とか、辛くて辛くてたまらない人とか、とにかく話したいことがあってそれを先生に聞いてもらい、助言を受けるためにカウンセリングルームに訪れているのだ。
で、料金が10分1000円計算で、「30分コース(3000円)」、「50分コース(5000円)」という料金プランなので(これでも安い方よ)もうそれは一分一秒を惜しんで話すわけである。
人によっては

「話を聞いてもらう」

という行為でカタルシスを感じる人もいるので、先生は50分間のクライアントさんによるマシンガントークにかろうじて、

「そう・・・」

とか、

「なるほどね」

などの合いの手を入れるのが精一杯のときもあるらしい。

そんなクライアントさんも、特に先生の助言なくっても、ただ先生に寄り添ってもらうだけで頭の整理ができたり、そこから客観的に離れることができたりするので、

「今日は先生にお話聞いて頂いてよかったです(にっこり)。本当にありがとうございました」

といって帰っていく人が殆どらしい。(いや、先生はほんとにしっかりした実用的なカウンセリング技術をお持ちの先生で、私はめちゃめちゃ信頼してるよ)

ところが、これが病院のカウンセリングになると、

先生「なんかねー。喋らないんだよね」

先生「そういう人って、自発的にカウンセリング受けたいっていう人ばっかりじゃないのよね。
例えば主治医にカウンセリング勧められたからなんとなく来てる人とか、
顕著なのは親に付き添われた思春期の子たちなんだけど、
とにっかく話さないわけ。

アンタにアタシの何が分かるのよ! アタシは絶対話さない!

つー、口聞いたら負け!みたいな空気をガンガンのビンビンに発してるわけ。」

で、傍らの親は、

カウンセリングつーものは何か一言で子どもの心に届くような感動の言葉をカウンセラーが発し、子どもが元の(親に従順だったころの)正しい姿(?)に戻ってくれる、魔法のようなものだと勘違い(というか必死なんだよね。親だもの)している人もいらっしゃるから、

『なんでうちの子は話さないんですか? 話せるようにすることが仕事でしょ!』

みたいなことを言ってくる人も、まあ、たまにはいるみたい。

アタシからしたら、病院でカウンセリングを受けられる=保険が効く=安価で上質な療法が受けられる(カウンセリングって療法って言葉使っていいんだっけ? ちょっと曖昧)

って、スゲーラッキーじゃん!! 超裏山なんですけど!

替わって欲しいぐらいやわー。
スポンサーサイト




[2011/05/27 00:48] カウンセリング | TB(0) | CM(0)